社内研修で名古屋へ。


名古屋の企業様向けに、研修を行ってきました。

昨年の3月、同じ時期に、MQ会計ゲーム(MG)に取り組まれました。

当時は、ほぼ全員初心者。

なぜ、この研修をやらなければいけないのか?

抵抗の空気感の中での実行。

その当時とくらべて、多い人は、80期を迎えるほどに。

※この研修では、2日間で5期の経営を体験します。

明らかにわかる、変化。

どうしたら、MQ会計の考え方を実務に落とし込めるか?
と、いうことを真剣に考えるようになった、
懇親会での質問、会話が全然違う。

人は変わる!
しかも集団で。

研修を続けることの凄さを感じた2日間でした。

やると意思決定した社長。
実行し続けた社員さん。

どちらにしても素晴らしい会社です。

ウズベキスタンとキルギスの女性経営者の方々に会計の講義

ウズベキスタンとキルギスの女性経営者の方々に、会計学の講義をさせていただきました。

マネージメントオフィス いまむらの今村さんに、このご縁をいただきました。

今村さんは、ウズベキスタンまで、講師として行かれた経験もあります。

すごいなぁ。

ロシア語の通訳をはさみ、2時間半。MG研修に興味があるということなので、第1表のみを模擬で、体験していただきました。

その後、決算はせずに、質問形式で、会計の講義を。

彼女たちのポテンシャルの高さと学ぶ意欲には、驚くばかりです。

たくさんの質問も飛び交います。

最後には、プレゼントまでいただき、こちらの方が恐縮します。

こちらは、くるみを蜂蜜につけたもの。そのままでも、ヨーグルトに混ぜても、とっても美味しかったです!

セミナーに至るまでの間、セミナー資料を3週間前に作成し、翻訳していただいたり、当日も、全てに通訳が入るという初めての体験ができました。

わかりやすかった。退屈しなかった。楽しかった。

という、感想もいただき、嬉しかった。

会計学は、万国共通。

MQ会計、MGの素晴らしさは、国境を越える。