MG研修700期を東京MGで達成

8月初旬に東京MGに参加してきました。

今回で、700期を迎えることとなりました。

思い起こせば2009年同友会の経営指針成文化セミナーに参加し、「もっと数字を勉強したほうがいいよ」と、MG研修を勧められ、11月にMG研修に参加。

初めての時は、自分の目の前でいったい何が起こったのかも理解できなかった。

わかったことは、全く、わからなかったということと、どうやら、うまくいかなかった。

と、いうことだけ。

その時のMGファイルをみたら、決算順位、36人中35番でした。

悔しい。

負けず嫌いなので、その中で、楽しそうに、その人達だけがわかる言葉で、キャッキャと話している人たちに、いつか、見返すぞ!

と、意味のない怒りのような感情を持ったりしていました。

面白いですね。

ただその怒りのおかげで、続けようと思えたのは、良かった。

次回、次次回の予約もし、まずは、25期(研修5回分)やると決めました。

本来、人見知りなので、その人たちに交じることもできず、研修の間、ほぼ、誰とも話さないままに帰宅ということもありました。

が、案外早く「面白いんちゃう」と、思うことができました。

25期過ぎた時に、月次決算を持ってきてくれた税理士さんな、この数字おかしくないですか?

と、言えたこと。

そう、体に会計が入っていってるんです。

面白いから、社員も連れて行こうと思い、共に参加するようになる。

ここも、紆余曲折あったが、25期は、必須とすると決めた。

MG研修が嫌な人も、だいたい、続けて25期体験すると、苦痛が楽になる。

100期超えた時に、インストラクターができるシニア研修に参加。

インストラクターをするようになる。

そして、700期。

インストラクター経験は、1000期を超えている。

700期は、東京の西先生インストのMG研修で迎えることにしました。

久しぶりの東京MG、集まった方々の空気感も素晴らしい。

西先生の講義も心に沁みた。

幸運にも最優秀で飾ることもできた。

MG研修に出会えなかったら、会社は、自分は、どうなっていたんだろう。

感謝の気持ちでいっぱいになった。

伝える、関わる、国境を越える

社員旅行で韓国へ。

今まで、来期の経営指針を作るための合宿といつのは、やってきたが、純粋な旅行というのは、社内で始めて。

そして、韓国に行くと決めたのは、新入社員の萌が、超韓国好きで、しょっちゅう行っているということだったので、ガイドをしてもらおうという魂胆。

いやー。楽しみましたねー。

こんなに楽しいとは思いませんでした。

たくさん美味しいものを食べました。

韓国牛うましー!

東大門市場では、若者のパワーにおののきました。

8時ごろから、活動が始まるというショッピング街。

始終、ライブ配信で、商品説明をする販売員や、個人のインフルエンサー。

すごい!貪欲!

2日目は、キムチ作り。

wooさんの家というところに、お邪魔したのですが、こんな濃いキャラは、初めてです。

↑愛人顔といわれた、けいこさんと。。これ、褒め言葉です。

まず、しゃべりが、最高に面白い。それは、商品説明だけでなく、女性の生き方、自身の人生の自己開示。そして、下ネタまで。。

白菜キムチ作りをおねがいしていたのですが、オプションをどんどん追加したくなります。

 

↑実際にお料理するのは、ご主人です。

ランチもここで、チャプチェ作りを体験して、それを食べたらいいんじゃないのー?

ということで、ランチもここで。

キムチやら、海苔やら、マッコリやら、たくさん出していただきました。

お昼からのエステもご紹介いただき、なんと、夜ご飯も一緒に食べることに。

今日初めて会った人とこんなに、1日一緒にいるとは。

でも、全然嫌じゃない。

というか、ここまで、関わってくれることに、感激だ。

ウーさんは、お客様を完全に日本人の観光客に絞っている。

それは、ほかの国の方が混ざると日本人が緊張するからだ。

そして、その日本人は、凄まじくリピートする。

年に12回は来るそうだ。

その日も、山形からの20年来のお客様とご一緒だった。

私たちの前後にもお客様が入っており、大繁盛の様子。

行った途端に、LINEでお友達になってー!とか、クチコミサイトに書いて書いて!!とか、グィグイくるが、それで、オッケーの人たちがお客様という考え。

ネット上のクチコミ、アナログのクチコミが、韓国と日本の距離をものともしない、ビジネスになる。

ちなみに、私も昔からの友達にぜひ、行ってみて!と、教えていただいた。

伝える、関わる、お客様を決める。

旅行で学べてほんまにありがたい。

 これで、来期は、Gアップ!

ウーさんの家の情報はこちら。

0から始める営業術開始!

営業セミナーが始まりました!

初めての営業セミナー3部作。

1回目が終わり、ホッとしております。

良かった!という声をいただき、嬉しい。

形をざっくりとは、作ってはいたが、ほぼ、その時に降りてきた言葉を発しています。

参加されている方の自分への決めつけを取り、次につながればいいと思う。

自己開示は、ソーシャルリーダーと同様だ。

営業のパッケージをこんなに長時間作るのは、初めてです。

本が出た時に、やるべきだったが、その時に、神は、舞い降りてこず、1年後の今となりました。

今回も、資料作り、構築が本当にギリギリになリました。

SNSなら大体の資料があるのだが、こればかりは、0から自分で作らなければならない。

終了後は、心地よいが、疲労感もたっぷり。

これをメインのパッケージにしたい。次回のテーマは、プレゼンテーション。ロープレもやります。

単発のみの受講もオッケーです。

お申し込みは、ビーラブドアキーパーへ

素敵な歳の重ね方

1週間、会社を留守しました。

26日からは、久米島。

29日からは、沖縄へ同友会の方全国行事に参加。

久米島は、オフシーズンということもあり、ゆっくりしました。

3日間でおそらく、30人ぐらいとしか、会ってないんじゃないかな?と、思うほどの人の少なさ。

この澄み渡った海。美しすぎます。

MG研修を開発された西 順一郎さんの奥様である、佳恵先生と、ダイビングインストラクターの柏崎さんと、72歳と76歳の女性とご一緒にダイビング。

そして、友人の高松千秋さん。

こちらは、同級生。

72歳のたかこさんは、68歳からダイビングを始めて、ただ今、300本。

バックロールで、ボートから飛び込んだあと、ロープももたず、頭から斜めに潜る姿は、かっこよすぎます。

潜り終わった後、船に上がってからも、機材を手早く片付け、ホントに尊敬。

76歳の方も、この人、大丈夫かな?と思ったのですが、1本潜り、あと、散歩します。

と、1人でスタスタ、島巡り。

自主的、気持ちいい。

人の目を気にしすぎたり、お世辞もない。

共通点もなんもないけど、笑いっぱなしの3日間。

素敵に歳を重ねるとは、こういうこと。

打って変わって沖縄では、青年経営者が1300名。

熱気にあふれてました。

沖縄は、刺激がいっぱい。

この話は、また、今度。

zoomでのセミナー開始

先日、中小企業のためのSNSセミナーを開催しました。

初めてウェブ会議システム、zoomでも、参加できるようにしました。

遠方で、zoomで参加されていたが、すごく喜んでくださいました。

お客様の声です。

zoomセミナーありがとうございました!

うちの事務所はまだFacebookを少しやり始めた程度なので、インスタやツイッターにも挑戦してみようと思います。

それと、あとは全員でやるというところも大事なんですね。広報担当が一人、というのをイメージしていましたが、他の社員も巻き込んで情報発信していこうと思います。

個人的には高野山の話、とてもしっくりきました。今のように情報発信できるツールがとても少なかった何百年も前にわざわざ遠くから人を呼ぶために・・・というのが、伝えることの大切さなんだと思います。

貴重な時間をありがとうございました!!

ということです。

社員のけいこさんのおかげでギリギリのセットにもかかわらず、ストレスなくできました。

今後は、月1の勉強会もzoomで受けれるようにしたいと思います。

希望者に、URLを送る形で。

ビーラブ会員さんは、無料で情報を入手できます。

これからの情報発信は動画、ライブ、ストーリーです。

ますます、社内で広報ができる体制が必要となります。

私たちがお手伝いできることがたくさんあります。

 

出版記念営業セミナー

営業セミナーは、弊社の事業で、自主開催ではおこなっておりません。

企業、団体より、ご依頼を受けた時しか行っておりません。

今回、営業の本を出版するにあたり、自社の勉強会を営業セミナーとさせていただきました。

本に沿った内容を・・・

と思ったのですが、気が付けば、モリモリの内容であっという間に時間オーバー。

来てくださった方は、とっても興味深く聞いてくださいました。

営業をしたことがない。とか、

営業をしないことが、美。

というような、勘違いの風潮がある。

お問い合わせがあって、対応するだけでも、そのお客様が、お願いしようと思うか思わないのかは、その人次第。

それは、価格だけではない。

営業とは、その人も気づかない、潜在的願望を形にして、未来の幸せをイメージしていただくワクワクする仕事なのです。

そして、目の前の方と一緒に仕事をするかどうかを見るのも自身。

提供側とお客様ではなくあくまでもパートナーなのですから。

次回のセミナーはSNSです。

営業マネージャー的なサービスを始めます。

個人向けはこちら

企業向けはこちら

メールと電話、面談で、営業アドバイス、フィードバックを随時させていただくプランです。

ご興味がありましたら、お電話(078-599-7601)または、こちらのお問い合わせから

 

 

三宮ジュンク堂で、週間ランキング1位

5月24日発売になった、著書。

「必ず買う3パーセントのお客様の見つけ方」がありがたいことに売れています。

渋谷の啓文堂さん。

横浜の有隣堂さん。

週間ランキング、ビジネス書1位に。

そして、地元、神戸。

三宮のジュンク堂さんは、現在、一般書部門週間ランキング1位に輝いています。

お客様がいろいろと写真をアップしてくださいます。

ありがたいこと。

そして、当の本人が一番驚いています。

センター街の大ビジョンに、私の本と名前の映像が!!

感激と感謝が止まりません!

 

1言では、言い尽くせないTOC研修

先日、講師にソフトパワー研究所の清水先生をおまねきして、TOCシニア研修を弊社で、開催しました。

いや。

深い。

TOCを始めて受けたのは2011年。

その後、2012年に三重県にシニア研修を受け、
会社でも運用し、講師にジェイクオリアの田中さんに来ていただき、定期的にお客様を集めて開催もしていました。

昨年、TOCシニア研修を開催、受講。
そして、先日、再度の受講です。

その間、思考プロセスのfeも2度受講。

TOCというのは、ボトルネック(制約資源)に着目する考え方です。

ボトルネック(制約)以上の成果は、上がらない。

と考え、ボトルネックを見つけ、そのボトルネックに着目し、有効活用し、流れをスムーズにしていくものです。

流れをスムーズにするのに、投入制限をしたり、皆でサポートしたり。

清水先生のTOC研修は、その考え方を学ぶために、ダイスゲームを体感し、その都度決算もします。

ゲームは、チームでやるので、結束感も出て、楽しい!

そして、驚くほど、利益が変化します。

清水信博先生は、知恵の泉です。

どれだけたくさんメモをしたことか。

TOCに取り組み、バッファ(余裕)を持つことで愛が生まれ、愛が大きくなる。

人は全て善である。

この考え方が素晴らしい。

お金も仕事も人間関係も、呼吸のように流れをつくる。る。

それには、ボトルネックは、どこだろうという意識が大切なのだ。

このたび、準シニアの認定証をいただいたので、
公開で、TOC研修を開催していきたいと思います。

また、お知らせいたしますね!

売り込みではなく、お知らせ

先日、行った京都の日本茶カフェ。

インスタグラムで、アップしていただいたら、

100円引きになるとのこと。

割引しなくても、インスタやってます。
ツイッター、やってます。

というお知らせが大事。

ホームページで集客するという話を聞きますが、ホームページというのは、例えるなら、お店を出しました。
というだけの話。

ここにお店がありますよ。
と、そこに連れて来るのに、必要なのが、検索ワードだったり、SNSだったりする。

そのSNSも、ただやっているだけでは、見てもらえない。
フェイスブックなら、友達を招待したり、ツィッターや、インスタなら、フォローだったり、リツィートだったり、いいねだったりする。

そして、意外ですが、紙ものに、落とし込んだり、直接の声がけだったりする。

そう、お伝えしなければ、知ってもらえない。
MGでいうならば、売りに行かないと売れないもの。
MG用語のMQは、会社盤の外にあるから。

だから、まず、お知らせする。
そして、表現は、わかりやすく、ビジュアルも悪いよりは、いい方がいい。

見てもらいたい人の好みを考えて、好みそうなビジュアルにするのも大事。

でも、最初の1歩は、声をかけること。お知らせすること。

これを意識するだけで、いろんな物が見えてきて、世界も変わっていくのです。

盛り上がる!ソーシャルリーダー養成講座

9月から始まったソーシャルリーダー養成講座。

昨日は、写真撮影。

この講座と動画の講座は、すこぶる盛り上がります。

今回は、女子率が高い!

しかも、みんな可愛い!

昨日、欠席の方がいたので、男性1人。

これは、羨ましい状態ですね。

講師の赤松さんは、マジシャンのようにステキな写真を撮影してくださいます。

とにかく声かけがすごい。

次第に顔がほころび、普段の写真とは、違う自然体のキラキラした笑顔の写真が撮れます。

写真の講座のあとは、インスタグラム。

今年の流行語大賞候補にも入っている、インスタ映えを目指して、初めて聴くこともたくさんあったかと思います。

こちらは、ソーシャルリーダーも受講してくださっている植垣米菓さんの鶯ホール、期間限定、安穏芋!

このパッケージの可愛さ。

ハンパないですね。